むぎゅずの動物病院

むぎゅずがいつもお世話になっている病院は「S動物病院」という。
先生の説明はとても丁寧だし、
親切だし、
病院もきれいだし、
結構よい。
ひとつ難点を挙げるとすれば、家から遠いこと。
家と会社の通り道にあるのだけど、車で20分は余裕で掛かる。


で。
家の近所にある「T動物病院」
当初はここでお世話になっていて、むぎの去勢の手術もここでした。
今でも、たまたまS動物病院の定休日に具合が悪くなったりすると
ここにお世話になったり、
ゆずのカイカイがあまりにもよくならなかったときにセカンドオピニオン的にお世話にもなった。
特に、何かがあって病院を変えたわけではなく・・・。
近いし、夜も8時までやっているので結構よい。

ただ、やっぱりメインはS動物病院で、
何か大きな「こと」が起こればS動物病院に行く・・・と思う。


そして日曜日。





狂犬病の予防注射&フィラリアのお薬をもらいに、
S動物病院へと出向きました。
が。
待合室にあふれかえる人と犬・・・_| ̄|○ il||li
この時期、多いのはしょうがないよねぇ~と思いつつ、
ま、注射とお薬をもらうだけだからいいか~と、
そのままT動物病院へ行くことに。
午前中の時間ぎりぎりに行ったせいか、他のお客もいなくてスムースに終了。
ごめんよーS先生・・・と、心の中で思っていたのだが。


夜の7時前くらいになって、
ゆずがポンプ運動を始めた。
空腹で胃液を吐くのはよくあること。
でも、ゆずの嘔吐物は胃液のように黄色ではなく、茶色がかった黄土色。
フードの色?とも思ったのだけど、朝フードを食べてからずいぶん時間が経っているし・・・。

少しして、また吐き出した。

なんと。

血っ!!

いやいや。鮮血をどばーっと吐いたわけではなく、
胃液に血が混じっててピンク色の吐瀉物って感じなのだけど、
やっぱり血を見ると相当動転してしまう。

昼前にお世話になったT動物病院は、日曜日は午後の診察はなし。
なんか電話しにくいなぁ~と思いつつ、そうは言ってもいられないので
S動物病院へ電話をすることに。

「昼はすいませんでしたー」といいつつ、
S先生は丁寧に電話で対応をしてくれた。

本当にありがたい。
やっぱりこういうときに、普段からきちんと我が家の犬のことを把握してくれているってことは
ものすごい安心感につながるし。


で、結局ゆずの血は、
おそらく胃の内壁に傷が付いたか何かでしょうと。
土曜日に、ちょっと固めの「仔牛のあばら」みたいなおやつを与えていたので、
きっとそれだ。。
ゆず、ああいうの丸呑みするから気をつけないといけないのに。

元気も食欲もあるので心配は要らないと思うけど、
とりあえず夜のご飯は抜き。
翌朝は食べたがるようなら普通に餌をやってくださいとのことだった。

で、ようやく昨日の記事に戻るのだけど(ながっ!)
一応、一晩ゆずの様子を見ててもまったく平気そうだったのだけど、
留守番中に何か起こっても怖いので、
念のため社長のお許しを得て同伴出勤をさせてもらったってわけです。

まったくもって元気元気。
あの血はなんだったのだ?ってかんじ。

ほんとに肝を冷やしましたが、ほっと一安心でございました。

Sせんせ、ありがとーございました^^



そそ。
むぎの体重 4.5キロ
ゆずの体重 3.8キロ

そんなかんじで。
[PR]

by uramugi | 2009-04-14 11:51 | むぎ+ゆず

<< ミッキーくん、安らかに。 同伴出勤 >>

アクセス解析
レンタル掲示板