むぎの結局のところ・・・

前回の記事で、たくさんのご心配のコメントやメールをいただきありがとうございました。
むぎ共々、お礼申し上げまする。

あの記事をアップした翌日の月曜日。
旦那さんが2階から連れて降りて床に下ろした途端、また尻尾を丸めて固まるむぎ。
2階で抱っこしたときも、「ひぃ」と小さく鳴いたらしい。

うむ・・・またきたか。。と思いつつ、ご飯の準備をしている最中に元気復活。
ぉぃぉぃ。今度は食べる前に元気になるのかよーと思いながらも、
これはもう待ってられない!と、朝一番で病院に行ってきました。

朝むぎを預けて、
レントゲン&血液検査&エコー・・・いろんなもので診てもらいましたよ。



結果。

まず、血液検査&エコーは問題なし。まったく健康。
b0044804_9562131.jpg

炎症反応もないしね。
先生に以前言われた「心雑音」もごく初期のもので、それから酷くもなってないらしい。

ふぅ。

で、レントゲン。
レントゲンに写ってる内臓も問題なし。
骨も・・・特に異常はないのだけど、

強いて言えば、骨と骨の間隔がすこーーし狭まっているところがある、と。

体勢によってそこに違和感を感じたりピリッと痛みが走ったりすることがあるのかもしれませんね・・・ってことでした。

触っても特に痛がる様子もないし、
ふらつきもナックリングもなし。
内臓疾患や神経系の病気は考えにくいし、
重篤なヘルニアってわけでもない。

おそらく、ごくごく初期のヘルニア・・・ってことなのかなぁ。

とりあえず、しばらくの安静と、
1本だけステロイドの注射を打ってもらい、それで様子を見ることになりました。

多分、
ご飯を食べたり、ご飯やおやつを見るだけで収まったりするくらいの痛みだったのだろうと推察をするのだけど、
今回ばかりはむぎの大げさな性格のおかげで早期に治療することができてよかったなーと思ったりしています。

当のむぎさんは、
月曜日の治療から今日まで、一切痛がる様子もなくて元気いっぱい。

いやいや。あんまり元気すぎても困るのだけどね。
今までの八つ当たりかなんだか知らないけど、
ゆずに乗っかってマウントを頻繁にしたがるので、
「その腰のフリはよくないでしょーっ!」と・・・。
見ている間はそうやって止めることができるのでいいのだけど、
今まで一緒のスペースだったお留守番、
ちょっとの間むぎちんだけクレートの中に入っていてもらうことにしましたよ。


このまま、進行せずに収まってくれることを祈るばかりなりよ。
頑張れ。むぎちん。
b0044804_1011786.jpg


そして、今日はむぎちんの9歳の誕生日だね~^^
[PR]

by uramugi | 2012-05-25 10:11 | むぎ

<< 今年のむぎゅず農園 むぎの不調・・・備忘録 >>

アクセス解析
レンタル掲示板