<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

やっぱり「コレ」じゃないと。byゆず

ゆずが、
みかんちゃん大好き
っていうのは、以前からここに来てくださっている方には周知の事実である。

あまりにも執着して、遊べ遊べとうるさいので、
ちょっと前に隠してやったのだが・・・。

他のおもちゃでも、みかんちゃんと同様に「投げれ」と持ってくるゆず。
あ~。
別に、みかんちゃんじゃなくても、他のでもいいのね♪って思っていたらば・・・。


先日お出掛けをしたときに、
そっとかばんにみかんちゃんを忍ばせていたのだが、
(そのときにはみかんちゃんはかばんから出さず・・・)
そのかばんの中から、他のおもちゃには目もくれず、
みかんちゃんだけをくわえて持ってきたのがこの間の日曜日。。。

そのときのゆずの顔の、なんと嬉しげだったことかっ!!

そして、投げてやると、
他のおもちゃのときとはまるで違う喜びを振りまきつつ追っていき、
嬉々として持って帰ってきた^^
b0044804_14152748.jpg

↑クリックで拡大します^^


そして、その日以来、
またゆずの「みかんちゃんみかんちゃんみかんちゃんみかんちゃん・・・」
が復活してしまった・・・_| ̄|○

時に鼻先でチョンと転がし、
時に口にくわえたみかんちゃんを放るように離し、
ありとあらゆる努力をしてアタシにみかんちゃんを投げさせるゆず。
ちょっとウザいとても可愛い(汗

やっぱり、ゆずにとってみかんちゃんは特別な存在らしいことがよ~くわかりました^^


あ。
一方のむぎはといえば。
b0044804_14125945.jpg

旦那の膝で静観中。ご隠居ですか?w

[PR]

by uramugi | 2006-10-31 14:13 | ゆず

10倍返し

9月に名古屋~滋賀・京都へ旅行に行ったときに、
「お土産プレゼント企画」を催し、
厳正なる抽選の結果、当選のJさんから、
なんとお返しのブツが届きましたーーーっ!!

いや。実は1週間前にいただいていたのです。
すみません。アップがこんなに遅くなってしまって(汗

ってか。。


すごい豪勢なんですけど(汗




アタシ、あんなにしょぼいものしかお送りしなかったのに。。
10倍返しです。まさに。。

箱が二つ。
人間用と犬用でした^^


まず、人間用。
b0044804_144634100.jpg

・ぽん酢
大阪からのお取り寄せだそうです。
これから鍋の季節でしょ♪
アタシ、ポン酢大好きなの。
まだもったいなくて封を開けておりません(笑)
今後、堪能させていただきます。
・ゆずこしょう
うはーっ!
鍋アイテムとして、すでに我が家では以前より活躍しております。
鶏ハム仕込むときにも刷り込んだりしておりました。
なんと、本場よりこれもお取り寄せっ!
今使っているゆずこしょうはスーパーで買ったものだけど、色が全然違いますっ!
とてもキレイな緑色なのですね~。
・ビーフジャーキー
ビールのお供に♪ということでした^^
ここで買われた本格派です。。

Jさんの前世って、もしかしてアタシ?って思っちゃうほど、
どれもこれもアタシの好みなのですよ。。
なんでばれちゃってるんでしょう(笑)

次、行きます。犬用です。
b0044804_145450100.jpg

こんなに可愛らしい、
ハロウィン風のお菓子の詰め合わせでした。
ラッピングもすんごいかわいいし。
なにより、
むぎゅず、鼻の穴広がりっぱなしです。


ためしにひとつ、取り出してみました。。

b0044804_1456116.jpg
固めのクッキーのようなものに、
ささみ(多分^^;)が巻いてあります。


b0044804_14565047.jpg
「待てっ!」

目がイッちゃってますw


b0044804_14572311.jpg
「よしっ!」

『びゅんっ』って音が聞こえてきそうなくらい、
すばやい動きでした。
この後、一心不乱のむぎゅずでありました^^



Jさんはここのところずっと、
広島ドッグパークの件を気にして下さっていて、
本当は週末のお休みに有休をくっつけて広島に来ようと思ってらっしゃいました。
仕事の都合が付かなくてちょっと無理だったようなのですが。。

今回も、
ジャーキーは、パークから帰ってきて疲れを癒すビールのお供に・・・
ワンコたちのおやつも、パークの間のお留守番のご褒美に・・・
という注釈つきでした。

本当にいつもいつもありがとう。
Jさんのその暖かい気持ちを持って、またパークに行ってきますねっ!

それと、ポン酢とゆずこしょう・・・
もう楽しみで楽しみで^^
早く鍋しなくっちゃ~~。
[PR]

by uramugi | 2006-10-30 15:02 | つぶやき

ちょっと様変わり

b0044804_20593731.jpg

譲渡会後初めて、ドッグパークへ行ってまいりました。
もちろんちかさんと^^

あちこちのブログを拝見していて知ってはいましたが、
ワンコたちが減った分、以前更衣室があったところやトリミングルームに、
ワンコたちが移動していました。
以前いたところは下はコンクリートだったしね。
もうすでに、朝晩はめっきり寒いパーク。。。
お引っ越しをして、少しはコンクリートよりはましになったかも。

そして、ワンコが少なくなった分、
ボランディアさんの数も減っていたかな~。
でも、今までほどではないにしても、たくさんの方がいらっしゃっていました。



そして、隔離室は特に様子は変わっていません。
リーダーさんをはじめ(毎日本当にお疲れ様でございます<(_ _)>)
いつもいらっしゃるメンバーの方のお顔もたくさんお見受けいたしました。

あ。そそ。
譲渡会2日目に、目の見えないシーズーを連れて帰られた女性のことを記事にしましたが、
「この子は人気犬種だし、片目は見えているのでもしかしたら他に里親さんが現れるかも。。。」
と言われていた、片目のブラタンのダックスさん。
里親さんが決まっていました♪
いや~。本当によかったよかった^^

b0044804_2105287.jpg
前回紹介した、居残り組みのジャックラッセルテリアさん。
「マサコ」っていうお名前がついていました。
この子、すごく元気が良くてね、
「がちゃがちゃしてるからガチャコにしようと思ったんだけど、あまりにそれじゃぁ・・・ってことでマサコになったの」
ってことでしたw
がちゃがちゃしているので写真はピンボケw


私のお気に入りの「ゆず」も、今日もいました。
まだ決まっていないのね・・・。
本当にかわいい子なんだけど。
今日は写真はナシです。



b0044804_2153731.jpg
いくつかこういう大きなサークルがあって、
隔離の子は、オスメス別に、しかも相性のいい子たち3匹くらいを入れて、
ここで日光浴です。
今日はお天気もよくて気持ちよさそうでした。
(帰り際に写真撮ったのでワンコはナシw)


そうそう。
伺った話でひとつ気になったこと。
譲渡会が終わった後、トリマーさんがひとりもいらっしゃっていないようなのです。
譲渡会の日は、
里親さんが決まった子は、トリマーさんに綺麗にしてもらった後に里親さんに連れて帰ってもらっていました。
本当に、「新しい門出」っていう感じでとてもステキだな~と思っていたのですが・・・。
譲渡会が終わった後でも、随時譲渡はされています。
今日も私が知っているだけで5.6頭の譲渡がありました。
でも、
その子たちを綺麗にしてくれるトリマーさんたちがいないのは、
なんだかとても寂しいのですよ~。

今日、香川から3時間半掛けて、里親になろうといらっしゃった方がいました。
その中のおひとりがトリマーさん(しかも師匠!ww)ということで、
急遽何頭かトリミングをしてくださっていました。
いやー。ありがたいありがたい。

今日は朝イチから夕方の食餌が終わるまで、
結構みっちりいさせていただきまして、
若干お疲れ気味のおばちゃんでございます^^;

ということで、
写真少なめで申し訳ございませんが。。。

また折を見つけてワンコたちに会いに行ってきますね~。
[PR]

by uramugi | 2006-10-28 21:15 | 広島ドッグパーク

「広島の犬」というブランド

私は実際には遭遇していないけど、
先日の譲渡会にはいろいろな人が来ていたと聞いた。

いかにもブリーダー風の人。
身分を偽装してくる人。
審査が通らないと逆切れをする人。

なかでも、「ん?」と思ったのは、
「広島ドッグパークの犬」をもらいに来たという人が一部いたということ。
助けを求めている犬はここだけではなく、保健所にもたくさんいるというと、
「ココの犬じゃなければ意味がない」と・・・。
(語弊があったらごめんなさい。今回里親さんになられた方がそうだといっているわけではないんです。。)

うちのむぎゅずは、2匹ともお金を出して「買った」犬である。
こんな私が、大きなことを言う資格なんてないのかも知れないけど・・・。

広島の犬も、保健所にいる犬も、同じ命じゃないですか。

ただ、今回のレスキューは規模が大きくて、
犬達の状態が極限に近いくらい酷かった。
それで大きく取り上げられて、たくさんの人が知るところとなったけど、
同じようなことは、表面に出ていないだけでたくさんあるのだろうと思うし、
救いを求めている犬達は山ほどいるはず。。

hairy kidsさんで紹介されていた、

広島から来たランディーからのお願い

是非読んでみてください。


それから、いつもパークに一緒に行くちかさんのブログで紹介されていた

忘れないで

ここの子たちも、広島ドッグパークの犬達も、うちのむぎゅずも、
命の重さは同じはず。。

結局、犬の命をどうとでもしてしまうのは人間なのだ・・。
[PR]

by uramugi | 2006-10-27 11:46 | 広島ドッグパーク

りにゅ。

以前ご紹介した
アニマルイタコ峰ハチヨのHP
追加記事あり、
写真入れ替えありで、大幅りにゅ。
是非ご覧ください。


私がパークのことを最初に記事にしてから、
明日でちょうど1ヶ月です。
1ヶ月経って、
たくさんの人たちの力と、犬達の生きる力で、
現場は大きく改善されました。
300頭を超えるワンコは里親さんの元へ旅立って行き、
残っている子達も、
トリマーさんたちにきれいにシャンプーしてもらい、
「ここは下手なペットホテルよりもキレイかも」
とボランティアの人々に言わしめるほどの環境にいることができる・・・。

でも、
私は、初めてパークに行って目にした、
全身に糞尿と毛玉をまとわりつかせ、
やせこけて悪臭を放つワンコたちの姿を忘れることはできない。

ハチヨさんのHPで、さらにそのときの記憶が鮮明に蘇ってきます。。


この一ヶ月間、
大げさでもなんでもなく、
一日たりともパークのワンコたちのことを考えない日はありません。

そして、
パークのワンコたちが全頭幸せになったあとも、
決して風化させてはならないと思うのです・・・。

ハチヨさんのHPで改めて思ったこと・・・でした。。
[PR]

by uramugi | 2006-10-26 09:46 | 広島ドッグパーク

たくさんの出会い@ドッグパーク・譲渡会

朝5時に起き、
昨日に引き続き行われている譲渡会のお手伝いに行ってまいりました。
今日もまた、もちろんいつものwちかさんと。

譲渡会は10時からですが、
私達が現地に着いた7時前に、すでに車の列ができていました。

10時までに食餌、お散歩等を済ませ
(ごめんなさい。私達が着いた時にはすでに朝のご飯は終わってました^^;)
いよいよ里親さん候補入場。。

今日もまた、おなじみ隔離室の担当でしたが。。
昨日はわりとガランとしていたらしい隔離室にも、
たくさんの里親さん候補がいらっしゃいました。
隔離室の子はもちろん、病気や障害を持った子達ばかり。
それでも、
医療費がこれからもかかること、
これからずっと、健常の子たちよりもずっとずっと手間が掛かることを承知の上、
おうちに迎えてくださるといってくれた里親さんの元へ何頭か旅立っていきました。
(前回の、ゆずそっくりさん、昨日里親さんが決まったそうです♪よかった~~^^)
里親さんが決まるたび、
ボランティアのみなさん、涙涙なのですね~。
私もすっかり涙腺ゆるゆるで^^;

中でも、今日一の感動の出会い。。
一人の女性の方が、
「目の見えないワンちゃん、いますか?」
と入ってこられた。
ご主人と相談して、目の見えない子を迎えようと。。
その時、片目の見えないダックスさんと、両目の見えないシーズーさんがいました。
シーズーさんは、さらに耳にも病気がある子。。。
その女性は、
「ダックスさんは人気があるし、片目が見えているからほかに里親さんが現れるかもしれない」
と、
シーズーさんを迎えられる決心をなさいました。
ボランティアのリーダーさんや獣医さんにもいろんな話を聞かれ、
シーズーさんのバリケンの前で、
かなり、、かなり長い時間立って、ずっと考えられていた。。
その結果です。
隔離室全体に感動の輪が広がりましたよ~~。
みんな、涙流してお見送りをしました。

私は隔離室にしかいなかったんだけど、
おそらくパークの中のそこここで、
たくさんの同じようなドラマがたくさんあったのだと思います。。


そして、
タイムリミット5時・・・。
里親さんが決まって、早速今夜から暖かいベッドで眠れる子もいれば、
また今夜も、
寂しくて寒い夜をひとりぼっちで過ごさなければならない、
里親さんの決まらない子もたくさんいるわけで。。。
また違った意味の涙があふれます。。

b0044804_21174729.jpg
つぶらな瞳のジャックラッセルテリアさん。
居残り組み(涙
こんなにつぶらな瞳なのに。。


b0044804_21184698.jpg
さらに「ゆず」と勝手に呼んでいたダックスさん。
(先週の「ゆず」とは別の子です^^)
疥癬あり。
何度か面談があったものの、
お話まとまらず。
この子も居残り組みとなりました(涙


b0044804_21195430.jpg

おそらく、送ってくださった支援物資が入っていた箱に書かれていたメッセージ。
隔離室の壁に貼ってありました。
読むだけですでに涙です^^;


最後の一匹まで、どうかどうか、
幸せな家庭が見つかりますように。。。




それとですね。
たくさんの人間様とに出会いもありましたよ~。
ひとみちゃんをお迎えされるおとめ母さん
もうね、「母ちゃん!」ってかんじなの。
ひとみちゃんをどーんとお任せしますっ!!
また是非お会いしましょう♪

ナナパパさん
昨日からご家族で徳島からいらっしゃってます。
おそらく、ワンコたちに触れ合いたいはず。。
なのに、ワンコのいない物資の方でがんばっていらっしゃいました。
とても笑顔のステキなパパさんでした♪
またお会いできれば嬉しいです^^

エマママさんとそら姉さんも。
いつもいつもありがとうございますっ。
笑顔で元気をいただきました。パンもご馳走様でした。

現地に最初に入るときに、いろいろご相談に乗ってもらっていた
ぴぃさんファミリー。
朝早くから入られていました。ご苦労様です。
またきっと、偶然にでもお会いできますね^^


隔離室でご一緒していただいた方たち、、
本当にありがとうございました。

って、まだ終わったわけじゃないですね^^;
また行きますので。
みなさまにもまたご報告します。。

そそ。明日の「とくだね」で、パークのことを放送するかもです^^
今日カメラさん入ってました。
ビデオとらなくっちゃ。(DVDでないところがまた^^;)
[PR]

by uramugi | 2006-10-22 21:32 | 広島ドッグパーク

ドッグパーク、譲渡会。

今日と明日、いよいよパークでは譲渡会ですね。

気になって気になって・・・。
夕方のローカルニュースでもやっていたし、
7時からのNHKのニュースでもやってました。
(メールで教えてくれたYさん、ありがと^^)

NHKのニュースはこちら。
見逃した方っ!どうぞ~♪

http://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/21/d20061021000136.html

来場者は2100人。
里親さんの決まったワンコは200匹。
パークまでの道は車の長蛇の列。

新しい飼い主さんの顔をぺろぺろするコギさん見て
涙が出ました。。



明日は現地に行って、
自分の目でしっかり見て来たいと思います。
(あ。見る目的でなくてお手伝い目的ですがw)
[PR]

by uramugi | 2006-10-21 20:21 | 広島ドッグパーク

気になるあの子のこと

3度目(10月8日)にパークにお手伝いに行ったとき、
目の見えないダックスさんとお散歩をしたっていう記事を書いた。

パークにお手伝いに入られている方には分かっていただけるかもしれないけど、
どうしても、
何匹か気になる子ができてしまう。

私の場合は、そのときのダックスさん。

お散歩に一緒に行ったときには隔離室にいたのに、
先週行ったときにはいなかった。。

おしっこが上手に出なくて入院をしたっていう話を聞き・・・

その後、里親さんになられるって人がいるっていう記事が載ってるブログも見て・・。

でも、確実なことはわからないし~~

って思っていたらば。


黒ラブおとめの気まぐれ日記 のおとめ母さんが里親さんになられるって~~~っ!!!
ダックスさんには
「ひとみちゃん」
っていう、ステキなステキな名前もついていました。

おとめ母さんの記事をさかのぼって読ませてもらって、
心がじーんと熱くなって涙出てきちゃいました。
(あ。ここは会社なのに。私、今仕事中だよね?ww)



いよいよ明日あさってと譲渡会です。
ひとみちゃんとおとめ母さんのような、
本当にステキな出会いがたくさんあることを祈っています。

日曜日には私も現地でお手伝いしてきます。
[PR]

by uramugi | 2006-10-20 15:18 | 広島ドッグパーク

いい天気。日曜日。

b0044804_23413182.jpg


b0044804_23414490.jpg


あ~。
いいねぇいいねぇ。
疲れも吹っ飛ぶってもんだ。




パークでは自分の時間を削って連日ボランティアに入られている人がいる。
ごめんなさい。
今日はゆっくりさせてもらいました。
[PR]

by uramugi | 2006-10-16 23:50 | むぎ+ゆず

4度目のドッグパーク

14日土曜日、
4度目となるドッグパークのお手伝いに、
今回もちかさんと行ってまいりました。

12:30から13:30まで、
休憩タイムが設けられています。
これは、ボランティアさんの休憩・・・というより、
「ワンコの為の休憩」のようです。
どうしても、人間の姿を見てしまうとゆっくりできない・・・ということで、
すべての部屋の戸を閉め、人間は立ち入り禁止の一時間。
私達が現地に着いたのがちょうど休憩時間だったので、
パークの中はすごく静かでした^^;
朝早くから来ていらっしゃるボランティアの皆様ものんびりと昼食タイムでございまして。

ということで、
b0044804_9551898.jpg
まずは、「埋葬」とは名ばかりの、
ゴミ同然に埋められていたワンコたちに、
お花をお供えしてきました。
献花台も設けられ、たくさんのお花や犬用おもちゃが並んでいました。


そして、今日も完全防備の私達。。。
前回と同じく、もちろん隔離室へ~^^
b0044804_9574794.jpg


ちょっと見えにくくてごめんなさい。
隔離室の前に張ってある注意事項です。
環境がよくなったとはいえ、
やはり隔離室の子達は皮膚病などの病気を持っている。
お散歩は特別な場所だし、そこに行くまではもちろん抱っこ。
病気を蔓延させるわけにはいきませんからね~。



b0044804_101554.jpg
この子は犬種は何だろう。。
下あごが発達していなくて、上手に餌を食べることが出来ない。
ほかに、歯がないから普通のカリカリのフードが食べられないから・・・ということで、
そういう子にはフードを細かく砕いてやってくださいっていう指示もありました。
なんというか、、
ものすごく行き届いたケアができているのですよ。
投薬ももちろんきっちりと。


b0044804_1032282.jpg
注意事項もホワイトボードに。



初めて現地にお手伝いに行って、
昨日でちょっきり2週間。
何より感じたことは、
現地の雰囲気がとても明るくなったってこと。
ボランティアさんたちもそうですが、ワンコたちが明るくなってきてるような気がするのです。
全国の皆様からの支援金や支援物資、
それに、現地で頑張っているボランティアさんたちの惜しみない愛情で、
本当に現場は改善されている。
ぼろぼろだったバリケンはすべて新しいものになり、
給水器もすべてつき、
獣医さんの診断も受けられる。
作業のシステムも日々改善されて、
より効率のいいように確立されている。。
本当にすばらしいとわたくし、感動しております^^

来週はいよいよ譲渡会。
たくさんの子達が、新しい家族と出会って、
幸せな日々への第一歩が踏み出せますように。。。

あ。そういえば。
b0044804_1094553.jpg

ゆずそっくりでしょ^^
この子も隔離室の子。
皮膚病があるのかな。
ゆずよりもずっとずっと痩せてて抱っこしても軽いんだけど、
元気のいいところはゆずそっくりだったよ~。
こっそり連れて帰ろうかと思いました(笑)


それとそれと。
ワンコたちの食餌の時間・・・。
すべての犬達の用意が済んでから一斉にフードボールをバリケンの中に入れるのだけど、
とにかく、準備を始めるとワンコたち大騒ぎっ!
すぐ隣りにいる人と話をしようにもまったく聞こえないw
かなりの数を用意しないといけないので、その状態が結構長く続くのだけど、
これがまた・・・。
フードボールをバリケンの中に入れると、
それまでが嘘のように静まり返るのですよ~^^
当たり前といえば当たり前なんだけど、
なんだかおかしくて微笑ましくて♪
食餌の後は、すっかりくつろいでオネムになる子がたくさんいましたよ~。
ワンコたちにもリズムができてきたのかな。。と思う瞬間でありました。。
[PR]

by uramugi | 2006-10-15 10:16 | 広島ドッグパーク

アクセス解析
レンタル掲示板