<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

季節のもの。

ご心配をおかけしました。
管理人、ぷち復活です。
とはいえ、、、。自分がつらかったのと寝る時間が早くなったこと以外、
風邪をひいたからって特に変わった生活をしていたわけでなく。

もちろん食欲もモリモリで♪

というわけで。
おいしい一品を★

いまや、冬でもきゅうりが食べられるし、夏でも大根が食べられる。
でも、
旬のものをおいしく食べようではないかと。

「新たまねぎ」
b0044804_13403734.jpg

・新玉ねぎの上下を切り落とす。
・下まで切ってしまわないように、8等分くらいに切れ目を入れる。
・塩コショウをし、切れ目にバターを入れ込む。
・オリーブオイルを振りかけ、ラップでしっかり包んでレンジで3~4分加熱。
・貝われや鰹節などをのっけ、ポン酢を掛けて食べる。
                      以上!


新玉ねぎってこんなに甘いんだ~~!!ってびっくりします。
簡単だし。(簡単なのしか紹介しません。ってか、できませんw)

今の季節限定。
是非お試しくだされ。
[PR]

by uramugi | 2007-04-27 13:43 | 簡単お料理

言い訳?w

すびばせん。。
管理人、鬼の霍乱ーー;
風邪の為、コメント&各方面の訪問が少々遅れます。

ぼーしわけございばせぬ( ̄ ̄ii ̄ ̄)ズピー

仕事にはちゃんと行ってます。
食欲もちゃんとあります。(なじぇ?^^;)
ゆえに復活も間近かと・・・。
[PR]

by uramugi | 2007-04-24 20:39 | つぶやき

狂犬病&フィラリア予防

携帯からちょこっと投稿してましたが。

午前中、たっぷり一時間半お散歩をして、
夕方から動物病院へ。
毎年恒例、狂犬病の予防注射とフィラリアのお薬をいただきに。。

この時期、病院はいつも混み混み。
2匹いっぺんは大変なので、
今回も旦那に協力をしてもらって時間差攻撃で行くことになりました。
前回の時間差攻撃はこちら
今回は、先発隊はむぎでした^^

いつものように、診察台に一度乗っかったにもかかわらず、
アタシによじのぼり肩を超えて背中にまで行ってしまい、
先生に「肩乗りインコみたいじゃね^^」と言われつつおろしてもらう。
フィラリアの検査の為の採血で、
「キャンッ!」と一声。
せんせに「ごめんごめん」と謝ってもらいつつw、
採血、注射、爪きりなどを終了。
体重5.0キロ。

途中から旦那がゆずを連れてきて、
入れ替わりにむぎはそのまま車へと・・・。

ゆずも、いつもなら大騒ぎなのに、
診察室へ入ってきたことすらわからないくらい静かなままでした。
いいぞ!時間差攻撃っ!
一言も発することなく、採決、注射、爪きり、耳掃除をしてもらう。
体重4.1キロ。
終わって先生にお礼をいい、
診察室から出たと同時に待合室の人たち&犬達に「ぅぅわぁぁぁぁぁん!」と一声^^;
会計を済ます前にとりあえず車に連れて行ってきたので、
今回の病院での2匹の声は、むぎゅずそれぞれ一回ずつでした^^

ほんと、時間差攻撃サマサマですねん♪

b0044804_20173450.jpg
実は、ゆずを車に連れて帰った後にこのピレネーちゃんが来たので、
むぎゅずとも遭遇はしていないのですよ。
この子は、とってもおとなしいイイコでした。
むぎゅず、会ってたらすごいことになってたかも。
会わなくて正解だったと思う反面、ちょっと残念な気も・・・。

飼い主さんの了解を得て、いっぱいナデナデさせてもらいました。
写真も了解済みでし^^
体重40キロ。「小さい方なんですよ~」と飼い主さんおっしゃってました^^


さてさて。
次の必須病院は9月のワクチンですな。
それまで、できれば病院には用がありませんように~。
[PR]

by uramugi | 2007-04-21 20:34 | むぎ+ゆず

ワンコきっかけ

金曜日はお友達と、焼き鳥屋さんで飲み会。

メンバーはアタシを入れて4人。
4人で集まるのはこれが3回目(ん?4回目かに?)なのだけど、
どうにもこうにも楽しくてしょうがないw

実はこの人たち・・・
知り合うきっかけは「わんこ」でした。

昔からの友達っていうのも、もちろん気が置けなくて楽しいしとっても楽チン。
でも、
こうやって、自分の今の生活の基本があって、
その上で知り合いになった友達っていうのも、
かなりいいものだなぁなんて実感したりしています。
一味も二味も違う。
その上、趣味・・・というか、生きがいが「わんこ」な仲間たち。
盛り上がらないわけがないw

と。
なんだか支離滅裂でしたが・・・。

飲み会での楽しさを思い出してニヤニヤしつつ、
次回会えるのをとても楽しみにしていたりします。。

b0044804_1959198.jpg

[PR]

by uramugi | 2007-04-21 20:01 | つぶやき

動物病院にて

b0044804_1643944.jpg

狂犬病の注射をしに。
ピレネー犬がいた~♪大きい~。かわいい~!!
[PR]

by uramugi | 2007-04-21 16:43

幸運を運ぶ…

b0044804_1211661.jpg

ほったらかしのワイルドストロベリー。
今年もまた小さな身をつけています♪
[PR]

by uramugi | 2007-04-21 12:11

きゅうりで一品

だんだんと暖かくなってきてますね~。

「困ったときには鍋!」の我が家も、
冬が終わると、いろいろ考えなくちゃいけなくて大変です(汗


ということで。
またまた手抜きな一品を^^

きゅうりがお安くなってまいりました。
でもきゅうりって、
油断すると冷蔵庫の野菜室の中ですぐズルズルになっちゃうんですよね。
そうなる前にこれっ!

b0044804_1139938.jpg

・きゅうりに塩を振り、まな板の上で板ずりをする。
・適当な大きさに手でちぎる。

・味噌、すりゴマ、ごま油、砂糖(おろし生姜なんかもいいかも^^) を混ぜたものに、食べる直前にきゅうりを投入。

以上!


「アナタの紹介する料理は酒のつまみばっかり」というご指摘をいただきましたが、
今回もお酒のお供にぴったりでございます(笑)

是非どうぞ~♪
[PR]

by uramugi | 2007-04-20 11:43 | 簡単お料理

脱力犬へ一歩近づく

以前こんな記事を書いた。

「脱力犬」

むぎはこういう体勢が大好きで、
程よい弾力と広さのある旦那のお腹の上で、暇さえあればこういうことになっている。
一方のゆずは、
そもそも抱っこされるよりもみかんちゃんで遊ぶ方がいいらしく、
抱っこしても常に動いていて落ち着きがない。

これが約1年前の記事だ。


それが・・・。

ふと見てみると。

b0044804_11344135.jpg

珍しいーーーっ!
ってか、初めてかも!?
旦那もなんだか満足げで、
ゆずの後ろ足をぷらんぷらん動かしたりなんかしているw

こんな、
お腹もつるんつるんでパピー体型のゆずももうじき2歳。
まずは脱力犬になって、
オトナへの第一歩を踏み出した・・・っていうところでしょうか^^

しかし・・・。かわえぇのぅ。
[PR]

by uramugi | 2007-04-19 11:38 | ゆず

自己放熱の代償

暑いと、
隙あらば冷たい所を探してお腹をべったり引っ付け、
自己放熱をするのはうちのゆず。

b0044804_10454993.jpg
参照記事:2006.7 
『川で遊ぶ』

b0044804_10474339.jpg参照記事:2006.8
『出会いpart.2@実家天国』


こんな具合に。
「本能のままに生きてるじぇっ!」って感じで、いかにもゆずらしいと思うのだが。



昨日、午前中に相当長い距離のお散歩に出かけた。
その散歩の〆に、我が家の目の前の公園に入っていったのだが、
やっぱりかなり暑かったらしく、
木陰でひんやりした土の上で例によって腹ばいになって自己放熱を始めたゆず。

たっぷり冷やしなさーい^^ なんて思っていたのだが、
帰ろうと思ってみてみると、
ゆずのお腹一面に、散った桜の花びらがっ!!!

もう桜も終わりかけで、公園には一面桜の花びら。
散った桜の花って、すごくねちょねちょしてるのね。
それが、びっちりとっ!ゆずのお腹にっ!!
ちょっとやそっと払ったくらいじゃ落ちやしない。

即、帰って風呂場でシャンプーしたものの、
それでも落ちず、結局毟り取ることに・・・_| ̄|○
ただでさえ少ないゆずのお腹の毛が~~~(汗

アタシとしたことが、
そのときの写真を撮るのを忘れてしまった・・・。
すごい残念^^;


いや~。
この時期、自己放熱系のワンコの飼い主さんは是非気をつけてあげてくださいね~ww

b0044804_105669.jpg

たっぷり散歩&シャンプーの後のお疲れ自己放熱野郎w

[PR]

by uramugi | 2007-04-16 10:58 | ゆず

『ヒトのオスは飼わないの?』

「華麗なる一族 上・中・下」も、「ダヴィンチコード 上・中・下」も、
最初の一冊目の途中で止まったままなのだが。。

そんなアタシが一気に読んだ本。b0044804_15295232.jpg

『ヒトのオスは飼わないの?』 米原万里//文春文庫

ロシア語の通訳者であり、作家であり、
テレビのコメンテーターとしても活躍していた米原万里さんが、
「そうせずにはいられない」とばかりに野良猫や野良犬を拾って帰り、
そこから繰り広げられる賑やかで愛情深い日常が生き生きと綴られている。

愛犬家や愛猫家にはたまらなくわかってしまう、犬や猫の行動。
病院の名前をちょくちょく変える獣医さん(名医さんらしい^^)との興味深いやり取り。
ご近所さんや、動物をこよなく愛する知人たちとのお付き合い。

動物を愛するヒトにも、さして興味のないヒトにも(笑)是非、読んで欲しい一冊。

ちなみに、犬バカな私ですが、
「猫もいいかも?」なんて思ってしまいました^^


その後の、登場した猫さん犬さんのことが気になり、
是非続編を~~~!と思ったのですが、
米原さん、若くして鬼籍に入られたとのこと。。

知りませんでした。
本当に残念です・・・。
[PR]

by uramugi | 2007-04-12 15:39 | つぶやき

アクセス解析
レンタル掲示板